笑顔の女性

女性はオナニーをするの?割合や頻度・したくなるタイミングや方法まで赤裸々に解説

女性の性の話って、あまりじっくり聴く機会がありませんよね。

ましてや男性とくらべると性欲がなく、あまり性への関心が薄いのではと感じる人までいます。

しかし、実は男性と同じく女性にも性欲があるし、こっそりオナニーしている人が全体の半数以上いることを知っていますか?

今回は女性のオナニー事情について、オナニーをしている割合や頻度をご紹介します。

また、女性がオナニーをしたくなるタイミングまで、赤裸々にご紹介します。

オナニーをしている女性の割合は?

胸を隠す女性

オナニーをしている女性の割合は、ずばり7割を超えていることがアンケート結果でわかっています。

これは、2013年に日本家族計画協会家族計画研究センターが行った集計で、6961人に「過去1年間にひとりエッチをした?」という質問に、なんと全女性の71.3%が「した」と回答したのです。

どうでしょうか?

男性のオナニー率は非常に高いことが想像できるものの、女性の7割以上もオナニーをしている結果は意外ですよね。

お酒の席や女子会などのオープンな場でも、女性は性の話をはぐらかす人が少なくありません。

自分はオナニーをしないと隠す人もいますが、実際のところはオナニーを普段からしていたり、過去に経験がある女性が過半数を占めているのです。

参考:女性のオナニー率70%超の理由

女性のオナニー頻度はどれくらい?

先ほどのアンケートでは、女性のオナニー頻度も調査しています。
ずばり結果は次のとおり。

月に1回…24%
週に1回…17.8%
2週に1回…17%
2~3か月に1回…16.6%
週に2回…9.3%

もっとも多いのが月に1回の24%で、週に2回以上オナニーをする女性は9.3%に留まりました。

アンケート結果の背景には、女性に備わっているホルモンバランスの影響が関係しています。

女性は1か月の間に、妊娠の準備をするための生理周期があり、性欲が強くなる時期、反対に性欲が落ちる時期も。

つまり、男性とくらべるとホルモンバランスや体調の変化によって、オナニー回数は全体的に少なめです。

しかし最近の若い男性はセックスに対して淡泊な人が増え、あまり性的に満足していない女性が増えているとの意見も。

そんな欲求不満を満たすために、彼氏がいてもオナニーをする女性は多くいます。

さらに、あえて彼氏を作らない女性が増えており、性欲をオナニーだけで済ませている人もいるのです。

直接言葉にしないだけで欲求不満を抱えていたり、性欲がある人が多くいることがわかりますね。。

女性の初オナニーの時期とは?

黒い下着の女性

では、女性がオナニーをはじめて経験するのは、何歳くらいの時期が多いのでしょうか?

以前実施された「日本性教育協会」の調査によると

12~13歳…5%未満
15歳以降…約10%
22歳~…約50%

このように、10代のうちにオナニーを経験する女性の割合は低めだと結果が発表されています。

一方、同じアンケートで男性のオナニー率は12~13歳で20%に満たない程度、15歳になると50%以上の経験率に。

これは女性と違って男性には精通があり、それと同時にオナニーをはじめる人の割合が高いからです。

女性は月経がはじまるものの、それが同時に性欲向上にはつながりません。

むしろセックスを経験するまで、どうやってオナニーをすればいいのか、気持ちよくなる方法がわからない女性がいるほど。

アンケート結果で22歳程度で半数以上の女性がオナニーを経験しているのは、性に疎かった人でも彼氏ができてセックスを経験する割合が高くなるから。

セックスを知って気持ちよさを知り、オナニーをはじめる女性が増えるのです。

参考:青少年の性行動調査 日本性教育協会

女性がオナニーをしたくなるタイミングやきっかけは?

下着の女性

ここまでのアンケート結果をふまえて、男性とくらべると性の目覚めがやや遅く、オナニー頻度も低めであることがわかります。

しかし、それでも半数以上がオナニーをしているのも女性の現状。

では女性がオナニーをしたくなるようなきっかけ、性欲が高まるタイミングはいつなのでしょうか?

  1. 排卵期や生理前
  2. 彼氏や好きな人のことを思い出したとき
  3. 恋愛映画や漫画などを見たあと
  4. 友人の恋愛・セックスエピソードを聞いたあと
  5. なかなか眠れないとき
  6. ストレス解消したいとき
  7. 気分転換したいとき

この7つの理由をそれぞれご説明します。

排卵期や生理前

生理前はムラムラする女性が多い」と聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

女性は卵子と精子が結びつきやすく、妊娠に適した排卵期が月に1回起こります。

この時期にセックスをすると妊娠率が高まることから、女性の体も性欲が自然と高まるのです。

そして排卵期に精子と卵子が受精しないと、生理が起きる体の仕組み。

あまり性的な欲求がなくとも、この排卵期だけはオナニーをする女性がいるのです。

反対に生理中に性欲が高まる女性もいますが、比較的性欲には波があると言えるでしょう。

彼氏や好きな人のことを思い出したとき

彼氏や好きな人のことを思い浮かべると、性欲高まる女性がいます。

女性は肉体的な快感はもちろん、精神的な妄想や感情でも気持ち良さが高まり、性的に興奮する性質があります。

特に好きな人とのセックスを思い出したり想像したりして、オナニーをする女性は多くいるのです。

恋愛映画や漫画などを見たあと

女性は恋愛映画やセクシーなロマンス映画、少女漫画などを読んで、性欲が高まることもあります。

作中でときめくような素敵な男女関係を見たり、自分がされてみたいセクシーなシチュエーションを見かけたりすることで、自分も同じような経験をしたい心理になるのです。

女性向けのレディースコミックやハーレークインは、男女のラブロマンスが大きなテーマ。

これは女性がセックスだけでなく、恋人との普段の付き合い方や恋が成就するまでの関係性などのシチュエーションを重視するから。

自分自身と重ねて、こんな経験をしたい、または似たような経験を思い出してオナニーがしたくなるのです。

友人の恋愛・セックスエピソードを聞いたあと

友人との恋愛トークや、彼氏やセフレとのセックスのエピソードを聞いた際も、その影響を受けて性欲が高まります。

特に彼氏がいない女性にとっては刺激的な内容。

分もされてみたい、好きな人と付き合いたいと異性に触れられたい欲求が強くなります。

反対に、彼氏との恋愛エピソードを誰かに語ったあとも、過去の気持ちよかったエピソードを思い出し、性欲を落ち着かせるにオナニーをしたくなるのです。

なかなか眠れないとき

オナニーをしたあとは脱力感から心地よい眠気が襲ってきますよね。

これは女性も同じことで、なかなか寝付けないときに、気持ちを落ち着かせるためにオナニーをする人がいます。

布団に入ってもう眠るだけという瞬間は1日でもっともリラックスできるタイミング。

そのため、普段から寝る前のオナニーを習慣にしている女性もいます。

ストレス解消したいとき

オナニーは快感だけを求めるので、気分を切り替えるのにも最適な行為。

イライラしたときやストレスが溜まっているとき、オナニーをすることで性欲を解消すると同時に気持ちを切り替えられるのです。

勉強や作業がしたいときも、どうしても集中できないときがありますよね。

そんなとき、いったんオナニーをして気分をリフレッシュする習慣がある女性もいるのです。

女性がオナニーの時おかずにしているものは?

ソファに寝そべる女性

女性がオナニーをするときは、どんなものを見たり想像したりしているのでしょうか?

主に女性がオナニーのおかずにしているものをご紹介します。

AVや成人向け漫画

特に多いのが、男性と同じくAVやレディースコミックなどのセックスシーンをおかずに使うこと。

最近ではイケメンのAV男優が登場する、女性向けのAVも発売されています。

男性向けと違ってセックスのプレイ内容より、セックスに至るまでのときめくシチュエーションを中心に描かれた作品で、女性でも抵抗なく視聴できると人気。

また、レディースコミックも同様に恋愛からセックスまでの一連の様子を描いています。

自分に置き換えて妄想しやすく、オナニーのおかずとして利用する女性が多くいます。

好きな人や彼氏との妄想

好きな人のことや彼氏を思い浮かべて、オナニーをする女性も多いです。

男性が気になる人のことをふと思い出して、性欲が高まることがあるように、女性も好きな人に抱かれる姿や声、顔を思い出してオナニーをすることがあるのです。

また、彼氏とのセックスでは少し物足りなかったときも、オナニーで性欲を落ち着かせます。

何もおかずにしない

特におかずを用意しないで、自分の性器などをいじるだけに集中したオナニーをする人がいます。

これはシチュエーションや妄想よりも、単純に気持ちよさだけを求めてオナニーをしたいパターン。

絶頂を目指すよりもなんとなく体に触れたい、寂しさを紛らわせたいなどの気分転換で、自分の体を触るパターンもあります。

肉体的に満たされたかったり、精神的に寂しかったりするときに、1つの気を紛らわす方法としてオナニーをするのです。

パートナーと見せ合いっ子をする

彼氏やセフレなどのセックスにおいて、1つのプレイとしてオナニーを見せ合いっこをする女性がいます。

セックスをするのではなく、あえて好きな人の前で自分がオナニーをしている姿を見せるという羞恥プレイの一環。

普段あまりオナニーをしない女性も、彼氏の前ならエッチなことをしたい、見てほしいという嗜好の人がいるのです。

女性のオナニーの方法は?

黒い服を着た女性

女性のオナニーの方法は手で触るだけでなく、いろいろな道具や場所を活用したものがあります。

男性にとって女性のオナニー事情は謎が多いですよね。

具体的にどうやって性欲を発散しているのか、女性がこっそりやっているオナニーの方法をいくつかご紹介します。

指を使ったオナニー

オーソドックスな方法が指を使って性器などを触るオナニーです。

ただし、女性は性器だけでもクリトリス部分でしかイケない人もいれば、中に指を入れて楽しむ人もいます。

同じ指オナでも服の上からこするだけの人もいれば、直接手で触れないとイケない人も。

やり方も触り方もさまざまで、一回絶頂を迎えれば終わる女性もいれば、満足するまで連続してオナニーをする女性がいます。

床オナニー(こすりつけオナニー)

クリトリス派の女性に多いのが、床にこすりつけて行うオナニー。

足先に力を入れながら、クリトリスに床の固い部分が当たるようにこすりつけることで快感を得ます。

強い快感が得られますが、指では絶頂しづらくなったり、セックスで気持ちよさを得られなかったりする可能性がある方法です。

角オナニー

机や椅子などの角に性器をこすりつけるオナニーの方法です。

こちらは自分で腰を動かしながらこすりつけるので、本当にセックスしているかのような臨場感が魅力。

幼少期にオナニーを知ったころから、大人になってからも続けて角オナニーをしてしまう女性もいます。

抱き枕やぬいぐるみ・タオルなどを使ったオナニー

角オナニーと同様に、抱き枕やぬいぐるみ、タオルなどの寝具周りを使ったオナニーも女性の定番。

特にぬいぐるみや抱き枕はやわらかく、ベッドの中でオナニーをするにはうってつけの道具にもなります。

ぬいぐるみや抱き枕は人を抱きしめている感覚に近いので、寂しさを紛らわすオナニーの方法としても人気です。

ローターやバイブなどのおもちゃ・異物挿入オナニー

ローターやバイブなどの女性用の道具を使ったオナニーは、オナニーが好きな女性やこだわりが強い人に人気です。

クリトリス派にはローターが安価で人気が高く、最近はデザイン性に凝っていて一見では大人のおもちゃには見えない商品が登場しています。

ほかにも中派の人はバイブ、強い刺激が欲しい人は電マなど、なかなか男性には打ち解けづらいアブノーマルな性欲を満たせるのも、大人のおもちゃの魅力。

オナニーを趣味の一環として、いろいろな道具を使い分けて楽しんでいる女性がいるのです。

まとめ

女性のオナニー事情は謎に包まれている部分があります。

しかし、実際は成人した女性の半数以上は普段からオナニーをしており、またパートナーとオナニーの見せ合いっこをするなどのプレイを楽しんでいることがめずらしくありません。

また、あくまで趣味やストレス発散として定期的にオナニーをする女性もいます。

女性は男性よりも快感や絶頂感がわかりづらく、ある程度自分で性感を開発をしないとセックスを楽しめないと悩んでしまうケースも。

自分の体を知るため、そしてパートナーに喜んでもらうために、オナニーをする女性は男性が想像するよりも多くいるのです。