つま先

「パンストフェチ」の特徴・心理は?ストッキングとタイツの違い・おすすめプレイを説明

パンストを履いた女性の足は、生足と違った魅力がありますよね。

このパンストを履いた女性がたまらなく好き、性的に興奮する嗜好のことを「パンストフェチ」と言います。

よく足フェチとともに紹介されるパンストフェチですが、なぜパンストに興奮するのか、タイツとストッキングとは何が違うのか、そんなパンストフェチの特徴や心理を解説します。

パンストフェチに向けたおすすめのオナニーやプレイもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

パンストフェチとは?

赤いドレスの女性

フェティシズムと言えば、胸やお尻、そして足は思い浮かぶ人が多い代表的なもの。

その中でも、「パンストフェチ」は生足よりもパンスト、タイツなどを履いた脚に強い愛着を持っている人のことです。

体の部位ではなく、ストッキングと組み合わさった足が好きだったり、パンストそのものに興奮したりする人を差します。

さらにパンストフェチは脚全体だけでなく、つま先部分だけ、女性が履いたストッキングの匂いが好きなマニアックな層も。

一口にパンストフェチと言っても、その好みは幅広く興奮するポイントは人によって大きく違いがあります。

パンストフェチとタイツフェチの違いについて

ストッキングの女性

そもそもストッキング(パンスト)とタイツの違いをご存知ですか?

同じものと考える人もいますが、実際のところストッキングとタイツにははっきりとした定義はありません。

ただし、一般的には次のように呼び分けがされています。

パンスト(ストッキング)

20デニールの透け感が強いもの。オフィスでよく利用される。昔ながらのストッキングである

タイツ

30デニール以上の厚手のもの。肌色だけでなく黒やカラフルなタイツも多い。学生の制服や、女性の普段のファッションによく使われている。

デニールとは、ストッキングの厚みや透け感を表す数値であり、数字が少ないものほど薄手で生足に近い質感になります。

一方、厚手で足が透けないタイツは、デニール数が高いという違いがあります。

パンストとタイツそのものに大きな違いはありませんが、現代では呼び分けとして20デニール以下の透け感が強いものをパンストと呼ぶ傾向にあります。

つまり、パンストフェチは生足っぽさが強い、透けている質感の脚が好きな人のこと。

しかし、実際のところはストッキングとタイツともに好きなフェチもおり、同じ扱いを受けることがめずらしくありません。

肌色のパンストだけが好きな人もいれば、特定の制服を着ているときのタイツが好き、もしくはカラータイツなど、好みは多岐に渡ります。

パンストフェチの行動や心理について

黒ストッキングの女性

では次にパンストフェチの心理とは、そしてどういった行動をとりがちなのか代表的なものをご説明します。

ストッキングやタイツの女性を目で追ってしまう

ストッキングやタイツを履いている女性を見かけると、ついつい目で追ってしまったり、注目してじっと足元を見てしまうのがストッキングフェチの特徴。

ぴったりと脚のラインが出ているパンストは、パンストフェチでなくともセクシーに感じるもの。

パンストフェチはそんな魅力的な足をしている女性を見ると、つい目で追ってしまうのです。

ストッキングは日常生活で男子が履く機会がなく、まさに女性らしさを象徴するアイテムでもあります。

男性には縁の薄いものだからこそ、女性としての魅力を感じる、より美しく見えるといった意見があります。

脚のラインが出る服装が好き

脚の美しさをさらにひき立ててくれるのが、パンストやタイツの魅力

脚だけでなく体のラインが際立つ服装が好きな人もフィットするストッキングやタイツにフェティシズムを感じるケースが多くあります。

ほかにも、服はゆったりしていても、足元はパンストでラインを出している服装は、上半身と下半身とのギャップで女性らしさを感じますよね。

その繊細さやしなやかさの女感がある小物に魅力があるのです。

生足よりもストッキングに包まれた足に性的興奮を覚える

パンストフェチの特徴は、生足の女性よりもストッキングに包まれた足により強い興奮を覚えます。

生足を薄手のストッキングが包んでいるセクシーな魅力を楽しんでいるのです。

またストッキングならではの光沢や、生足がわずかに透けるセクシーな姿を好むパンストフェチも。

パンストのつま先部分特に好きで、つま先に興奮するフェティシズムを持った人もいます。

生足よりも、足先の部分がパンストで包まれている様子に、女性らしさ、普段隠されている部分が見える様子にエロスを感じるのです。

パンストを着用する制服が好き

パンストを普段から着用するような、制服姿の女性が好きなパンストフェチもいます。

たとえばOLの制服をはじめ、婦警やパスガイド、あとは学生のタイツなど…。

スカートを着用する制服は、女性らしさ満点の服装です。

また、制服を着て真剣に働く女性の姿にこそ、人としての魅力と同時にストッキング姿へのエロスとのギャップに興奮する人もいます。

日常生活において、パンストやタイツはある意味働く女性の象徴になりつつもあります。

そんな大人の女性が好き、年上女性に魅力を強く感じる人も、パンストフェチの傾向がやや強めです。

パンストの匂いにも興味がある

パンストフェチは見た目だけでなく、履いているその足の匂いに強い関心を持つ人がいます。

いわゆる匂いフェチにあたるフェティシズムですが、パンストやタイツを履いた足に重点的に興奮する人のこと。

パンストは肌に密着するため蒸れやすく、素足とくらべて汗をかいたり匂いが気になったりするもの。

特に長時間ストッキングを着用した情勢や、そんな女性の足の匂いにこそ、性的興奮を抱く男性がいるのです。

そんな匂いのついた足を舐めたい、踏まれたいといった願望を持っているのもパンストの匂いが好きな人の特徴。

新品のパンストではなく、女性のぬくもりと香りが閉じ込められた使い古しのパンストにこそ高い価値を感じる傾向にあります。

パンストフェチになる8つの理由と魅力

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UNSUi 【雲水】(@gozonji_unsui)がシェアした投稿 – 2020年 1月月25日午後8時06分PST

男性がパンストフェチになるのは、どんな理由が考えられるのでしょうか?
それはその人が歩んできた歴史や体験、さらにパンスト自体の魅力までさまざまです。

  1. 元々脚フェチである
  2. パンスト自体が女性らしさのあるアイテムだから
  3. 網タイツやレースタイツが好きな人もいる
  4. パンスト越しの足のラインに興奮する
  5. パンストならではの光沢感が好き
  6. パンストのつま先のデザインが好き
  7. 伝線したパンストに興奮する
  8. パンストの質感・触り心地が好き

この理由を1つずつ見ていきましょう。

元々脚フェチである

パンストフェチは同時に脚フェチである人も多いです。

形の良いすらりとした女性の足に魅力を感じると同時に、生足もパンストやタイツ姿、デニムなど脚のラインが出る服装全般が好きなタイプ。

脚フェチというベースがあったうえでの、女性のパンスト姿も魅力的であると考えています。

パンスト自体が女性らしさのあるアイテムだから

パンストは女性が身に着ける女性ならではのアイテムです。

そんなストッキング自体に、女性性を感じることから、パンストが好き、触れたり見たりすると性的に興奮する人がいるのです。

網タイツやレースタイツが好きな人もいる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

くりみちゃん(@yukinamilk)がシェアした投稿 – 2020年 1月月25日午後8時38分PST

パンストの中でもセクシーな網タイツやレースタイツが特に好きというフェチを持つ人もいます。

ほかにも冬によく見かけるカラータイツも、生足とは違ったかわいい色合いが魅力であると人気があります。

特に網タイツはセクシーなアイテムの象徴として古くからたくさんの愛好家がいます。

繊細なレースタイツは清楚でもあり、同時にセクシーな印象がありますよね。

パンスト越しの足のラインに興奮する

パンストを履いた状態の足のラインにこそ、興奮するのがパンストフェチの特徴。

生足を包んでいる質感やパンストを履く行為や脱がせることを想像することで、性的に興奮します。

特にパンストは社会に出て働いている大人の女性が身に着けるものですよね。

ある程度成熟した女性の象徴でもあるので、恋愛において母性を求めたり、経験を積んだ大人の女性にこそ魅力を感じる男性も、パンストフェチ傾向にあるケースがあります。

パンストならではの光沢感が好き

パンストやタイツを履いたときの光沢は生足には出せないもの。

それゆえ、光沢があるツヤツヤした見た目、反対にデニールが高く厚手で生足感が薄いマットな質感の脚が好きな人もいます。

特に冬場は普段パンストやタイツを履かない女性も、防寒対策で着用する機会が増える時期。

カラータイツやラメ入り、レース模様などの柄つきストッキングなど、パンストフェチにとって視覚的に楽しめる季節なのです。

パンストのつま先のデザインが好き

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

grinfactory(@jobs.yoshida)がシェアした投稿 – 2018年 2月月6日午後8時39分PST

パンストフェチの中には、つま先の部分にだけ興奮する層もいます。

女性からするとピンとこない感覚ですが、パンストの先は普段靴で隠されている場所

あまり見ることのない場所だからこそ、奥ゆかしくエロスを感じる部分として男性を魅了するのです。

つま先部分のアップの画像や映像、さらに靴を脱いでリラックスした状態のストッキング姿の女性に、癒しと何気ないエロスを感じるのです。

伝線したパンストに興奮する

パンストを破る、脱がせるといった破壊行為が好きなパンストフェチもいます。

こちらはパンスト自体を壊す、汚すという背徳感に性的興奮を覚えるのが特徴。

ほかにも、女性がうっかり伝線させてしまったパンストに興奮するのです。

伝線のラインから覗く肌や、破れてしまったストッキングを履いている女性の恥ずかしそうな姿、気づいていない様子など、見た目や心理状況を妄想しています。

パンストの質感・触り心地が好き

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ななみ青 Ao Nanami 나나미아오(@773ao)がシェアした投稿 – 2020年 1月月18日午後7時36分PST

パンストと言っても種類は非常に豊富で、ツルツルした素材もあれば、網やレース、厚手のタイツなど個性豊か。

この種類が豊富なパンストは視覚的にも楽しめますし、何より生足とは違った触り心地に興奮するのです。

手で触るのはもちろん、自分で履いてみたり匂いを嗅いでみたり、感触を楽しむ方法はさまざまです。

パンストオナニーのやり方・使い方

白いストッキング

パンストフェチにとって、パンストやタイツはオナニーアイテムとしても活用しています。

素手とは違った感触や快感を体験できるので、ぜひ安全な範囲で楽しんでみてはいかがでしょうか?

おすすめのパンストオナニーのやり方やコツを解説します。

パンストでペニスを包む

オーソドックスな方法の1つが、パンストで性器を包むオナニー

素手ではなくパンストの感触を性器で味わえるうえ、素手とは違ったごわごわした質感によって異なる快感を味わえます。

またパンストを使って性器をしごくのではなく、被せた状態で手だけを動かす方法でオナニーをする人もいます。

ただし、強い力でこすりすぎると痛みを感じることがあるので注意しましょう。

敷いたパンストにペニスをこすりつける

床にストッキングを敷いてペニスをこすりつけるオナニーもおすすめです。

いわゆる床オナの応用版で、床の冷たさとパンストの感触を同時に楽しめるのが魅力。

床オナは手よりも強い快感を得やすいですが、床オナばかりを続けると女性の膣内で射精できない

射精障害のリスクもあるので、あくまでやりすぎには注意!

普段とは違う快感を楽しみたいときにおすすめの方法です。

パンストを履いた状態でオナニーをする

自分でパンストやタイツを履いた状態で行うオナニーも、普段と違った快楽を楽しめます。

パンストを履くという背徳感と、下半身全体を締め付けられる感触に心身ともに強い快楽が得られます。

パンストはかなり伸縮性があるうえ、男性も着用できる大きいサイズが販売されています。

また、ストッキングを履いた状態でおもちゃなどを使うなど、さまざまな遊び方が楽しめるので普段のオナニーに飽きている人は試してみてはいかがでしょうか。

パンストにローションを使う

ローションを使って、ぬるぬるした感触を足したオナニーも人気です。

パンストを汚しているという普段できない行為に視覚的にも精神的にも興奮ができます。

パンストだけでは摩擦が強く性器に痛みを感じる人でも、安全にオナニーを楽しめますよ。

ただし、ローションによっては洗い流すことが大変なので、あまり高価なものよりも安価なストッキングを利用することをおすすめします。

まとめ

パンストフェチはタイツよりも薄手で透け感が強いストッキングに強い興味や性的興奮を抱く人を意味します。

しかし、実際はパンストやタイツどちらが好きでも、総称としてパンストフェチと呼ばれることがあります。

中でもストッキングはデニールによって厚みや脚の見え方も違いますし、カラータイツやレース、網など種類がたくさん。

セクシーなストッキングは男性にとって、女性らしさを感じられる衣装でありフェティシズムを感じる人が多いアイテムなのです。