バスタブにつかる女性の下半身

足裏フェチの魅力とは?普段は見えないからこそ好きになる魅力を徹底解説!

女性の脚が好きな男性って多いですよね。

女の人特有の曲線の美しさと柔らかさが強調される脚はフェチの対象としても人気で、「脚フェチ」は比較的メジャーなフェチかと思います。

しかし脚フェチと一口に言ってもその実態は様々で、脚フェチの中でも足の裏に特に興奮を抱く「足裏フェチ」も存在しています。

太ももやふくらはぎなどの脚が好きなのは何となく分かりますが、足の裏となると普通の脚フェチよりも少し特殊な気がして何がいいのかいまいち分からない人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな脚フェチから更に深いところを進んだ「足裏フェチ」について徹底解説!

足裏の魅力から足裏フェチが好きなシチュエーションやエッチのプレイなどについてご紹介していきたいと思います。

足裏フェチが好む足裏やお手入れ方法も併せて紹介するので、パートナーが足裏フェチの女性も必見です!

足裏の魅力とは?足裏が興奮する5つの理由

バスタブに乗っている女性の脚

足裏フェチとは「足裏に性的興奮を覚える」というフェティシズムのことです。

ではどうして足裏フェチは足裏に魅力を感じてしまうのでしょうか。

その理由としては以下の5つの理由が主に挙げられます。

理由1.普段は見ることのできない場所だから

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SUPER FETISH(@nicheandmania)がシェアした投稿 – 2020年 1月月27日午前5時28分PST

人間というのは直立して2足歩行で活動する動物です。

通常の生活をしている場合では足裏は人体の中で最も底面に位置する部位であり、地面と接しているので普段は容易に見ることは出来ません。

また、例え座ったり寝転んだりしている状態であっても靴や靴下などで足裏は隠れていることが多いでしょう。

足裏は人体の中でもかなり見づらい部位と言えますね。

そんな見づらい部位が見えた時にこそ一種のカタルシスが生まれて、魅力的であると感じるのです。

同じようなものの例がパンツがチラリと少しだけ見えるパンチラ

パンチラの価値は普段はスカートに守られているパンツが奇跡的な一瞬にだけ見えるというレア感と、見えるか見えないかのギリギリ感にありますよね。

もし女性のパンツ一丁の姿が当たり前であれば、パンチラで興奮することも無くなってしまうでしょう。

それだけ隠されているものがふとした拍子に見えるというシチュエーションはドキドキするものなのです。

理由2.小さくて柔らかそうなところ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

👣あのこのあしうら写真展(@ashiuraten)がシェアした投稿 – 2020年 2月月13日午前12時54分PST

女性の体は男性に比べるととても柔らかく、サイズも小さくて愛らしいもの。

男性は自分のゴツゴツとした体にはない、女性の繊細で華奢な造形に強く魅力を感じます。

そして脚という部位はこの男女差が実は結構現れやすい部位だったりします。

細くて丸みがあるライン、柔らかそうで滑らかな素肌。

足裏も例外ではありません。

ふにふにと柔らかそうで、小さくて守りたくなるような足裏は非常に魅力的。

胸やお尻など直接的に性の違いが分かりやすい部位ももちろんですが、自分と比較して女性らしさが感じられる部位も強く興奮が掻き立てられるのです。

理由3.汚い場所というところが逆にそそられる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

romeo3805(@rometan3805)がシェアした投稿 – 2019年 9月月20日午前3時53分PDT

一般的に足の裏という場所はあまり綺麗ではなく、むしろ汚い場所であると考える人が多いでしょう。

しかしそんな決して綺麗だとは言われない場所だからこそ好きだと感じる層もいます。

ちょっとアブノーマルな方が興奮したり、汚いと言われる部位に触れて愛でることで背徳感を味わう心理ですね。

また、汚いものそのものがいいと言うよりは、汚いとされる部位に触れるシチュエーション自体を好むことも多いです。

女性が汚いからと恥じらったり嫌がったりする反応を楽しんだり、綺麗な場所だけじゃなく汚い場所も全て含めて愛したいという愛情表現だったり。

あえて汚い部位に魅力を見出すいささか普通とはズレた感覚ですが、これこそがフェチならではの理由の一つかもしれませんね。

理由4.汗も一つの興奮要素

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

足フェチNET(@ashifechinet)がシェアした投稿 – 2018年 5月月13日午前5時41分PDT

男女を問わず汗をかいている様は妙に色っぽく感じてしまうものです。

汗によって蒸れた姿に興奮する男性は少ないのではないでしょうか。

足裏は汗をかくことが多い部位なので、汗でしっとりとした足裏には何とも言い難い魅力があります。

実は足裏は汗を出す汗腺が非常に多く、1平方センチメートルになんと300個も汗腺があると言われており、多い時には1日で両足裏から200mlも汗をかくほど。

ちなみに足の匂いなどから足裏にかく汗は、他の汗よりもより汚くて臭いものと勘違いしてしまいがちですがそれは誤りだったりします。

足裏にある汗腺はエクリン汗腺と言い、この汗腺から出る汗は元々無色透明で匂いもしない汗なのです。

ではなぜ足の匂いが臭いかというと、靴によって蒸れていたり皮膚に付着した雑菌により汗が臭くなるから。

逆に言えばお風呂上がりなどの清潔な状態であれば、足裏から嫌な汗の匂いはしないということです。

理由5.M気質な人は踏まれたいという欲も

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

👣あのこのあしうら写真展(@ashiuraten)がシェアした投稿 – 2019年 8月月17日午後8時38分PDT

足裏が好きな理由の一つに、足裏で踏まれてみたいという欲求があります。

足裏で踏まれることにより女性に支配されていると感じたり、女性より下であるという状況に興奮するのです。

相手に虐げられることに性的快感を感じる、いわゆるM(マゾ)気質な人ですね。

普通は地面を歩くための部位であり、一般的には汚い場所という認識が多い足裏。

そんな足裏でぞんざいに扱われているシチュエーションがMの心を強く刺激します。

また、Mではない場合でも、純粋に足裏の感触が気持ちよくて足裏で触れられたいと考える人も。

手の平や指とはまた違った独特な感覚を好む場合もあります。

足裏フェチが求める理想の足裏とは?

足裏フェチが足裏のどこに魅力を感じて興奮しているかお分かりいただけたでしょうか。

次は足裏フェチが好む足裏について説明したいと思います。

足裏フェチそれぞれに好きな理由があるように、好きな足裏も千差万別。

どんな足裏が好まれるかチェックしてみましょう。

つるつるすべすべな綺麗な足裏

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆきみだいふく(@yukimi_kuma)がシェアした投稿 – 2019年10月月21日午後7時53分PDT

綺麗なものの方が好まれるのは当然のこと。

普段から清潔にしてあり、触ってもすべすべな足裏は大抵の足裏フェチに好まれます。

特に足裏の柔らかさについては期待している足裏フェチが多いので、手に吸い付くようなモチモチ肌は最高です!

足裏が汚くて嫌!という人はいますが、足裏が綺麗で嫌!という人はほとんどいません。

いつも綺麗にしておけば間違いないでしょう。

一日の仕事終わりなど汚れもある足裏

清潔感があり綺麗で美しい足裏が好きな一方で、少し汚れた足裏が好きな人もいます。

ここで言う汚れた状態とは、あくまでも一時のシチュエーションとして汚れている場合を指します。

例えば仕事終わりで一日中履いていた靴で蒸れている足裏。

歩き回って靴擦れが起きてしまった足裏などですね。

元が綺麗な足裏であることを大前提として、その綺麗な足裏が汚されている状態に興奮を覚えるのです。

何でわざわざ綺麗じゃない状態の足裏を好むの?と疑問に思うかもしれません。

それは綺麗な女性の「綺麗な足裏が汚れている」というギャップです。

綺麗な女性だからこそ、汚れていた場合により生々しさが感じられて魅力的に感じられるのです。

また、汚れた足裏を好むという行為には相手を労わってあげたいという思いも存在します。

足裏の状態からその女性がどれだけ頑張ったかを推し量ることができるので、汚れた足裏が好きという人も。

ストッキングやタイツを履いた足裏

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Takaco(@takaco.ch)がシェアした投稿 – 2017年 8月月27日午前6時15分PDT

生で見る足裏もいいものですが、何か付加価値がある足裏も素敵です。

ストッキングやタイツを履いている状態の足裏が好きだという足裏フェチの人も少なくなりません。

むしろ中にはタイツを履いた足裏にしか興奮しないなんて言う猛者もいたり。

ではどうして何かを履いた足裏が好まれるでしょうか。

①ストッキングやタイツに包まれた足裏が美しい

キュッと美しく引き締めるストッキングやタイツは脚をより美しく見せてくれるもの。

何かを履いた足裏のフォルム自体が綺麗で、それに心を奪われてしまうのです。

②見えないからこそより興奮してしまう

パンチラを例に挙げて説明した用に、見えないからこそ価値がある魅力というものがあります。

「ストッキングの下にはどんな足裏があるんだろう」と、妄想が掻き立てられてより興奮するのです。

③ストッキングやタイツを脱がせたいという気持ち

障害があるからこそ人は燃えるものですよね。

ストッキングやタイツを脱がせることが出来て、生の足裏を拝むことができた時の達成感は得も言われぬものがあります。

この気持ちが強い人は、欲しいものに辿り着くまでの過程も重視していると言えるでしょう。

足裏フェチが思わずNO!と言ってしまう足裏は?

足裏を愛してやまない足裏フェチだからこそ強いこだわりがあり、どうしても受け入れらない足裏というものが存在します。

そんなNGな足裏を見ていきましょう。

足裏のお手入れの方法についても紹介するので、気になった方は是非実践してみてください。

ガサガサの踵はガッカリ度が高い

気が付くとなってしまっている足裏のガサガサ

乾燥しやすい季節は酷い状態になることもありますよね。

ごく一部分だったり少しガサガサしている程度では大丈夫ですが、あまりにもガサガサしている足裏は魅力が大幅ダウン。

フェチは人の数だけあるので中には好きな人もいるかもしれませんが、それでもかなりの少数派。

柔らかい足裏を期待して触ったのに硬くてガサガサした触り心地だったら非常にがっかりしてしまいます。

また、ガサガサな足裏は見た目にもよろしくありません。

白くなっている段階でかなり危ういですが、ひび割れてあかぎれていたり黒ずんでしまっていたらとても残念な気持ちになるでしょう。

足裏のガサガサが進行してしまわないためにも、日ごろから適度なケアを忘れずに行っておきましょう。

多少の臭いはいいけれど、あまりにもキツイのは…

人間にとって匂いとは、実は目で見たり触れて得る情報よりも大切なもの。

見た目や触り心地以上に匂いに敏感な人も多いのです。

足裏に触れて堪能しようと思った矢先、嫌な臭いがしてきたら一気に気分も落ちてしまうでしょう。

匂いフェチがあるように、その人の匂いが感じられるから多少匂う方がいいと感じる人も存在していますが、それでも許容できる範囲はあります。

足裏の臭いは日ごろのケアで改善することが出来ますが、中には病気や体調が原因で臭いがあるケースもあるので、改善しないようなら病院を受診するのも一つの手です。

足裏のお手入れは日ごろから

見えない部分なのでついさぼりがちになってしまう足裏ですが、放っておくとどんどん悪化して治りにくくなってしまいます。

日ごろから適度なお手入れを心掛けるようにしましょう。

硬くなってガサガサになってしまいがちなかかとを中心に、小まめにフットケアファイルなどで削ります。

削る際は美容液で保湿したり入浴時など肌が柔らかくなってから行うようにし、削りすぎにも注意してください。

削った後は保湿クリームを使ったの保湿ケアも忘れずに、保湿ケアを忘れると乾燥して更に酷い状態になる可能性があります。

爪の処理にも気を付けましょう、足裏を綺麗にしても爪が汚いと雑菌が溜まって不衛生です。

嫌な臭いの原因にもなるので、適度な短さに切り揃えて見た目にも綺麗にしておいてくださいね。

足裏フェチが喜ぶエッチのシチュエーション3選!

バスタブにつかる女性の下半身

足裏フェチはエッチの時にさえ、いやエッチの時だからこそ足裏を思う存分楽しみたいと思うもの。

これからはそんなエッチの時に足裏フェチが喜ぶプレイやシチュエーションをご紹介していきます。

(1)足裏で優しく踏んであげる

基本となるのは足裏で行う愛撫。

足裏でグリグリと踏みつけてあげれば彼も喜んでくれることでしょう。

最初からいきなり性器を踏むのではなく、色んな場所を攻めてあげるとより効果的。

パンツの上から性器に沿うように擦るのも良い刺激です。

あまり強く踏んでしまうと痛いので、相手の反応を見ながら徐々に力を加えていってくださいね。

(2)足裏を舐めさせるプレイ

足裏フェチには足裏を舐めたいと考えている人も多いです。

少し恥ずかしくてくすぐったいかもしれませんが、舐めさせてあげましょう。

足裏に夢中になっている姿は、思わずキュンとしてしまうかも。

いつもとは違った少しアブノーマルなシチュエーションはドキドキです。

前戯の段階だけでなく挿入時にも足裏は舐めてもらうことは可能で、正常位で足首を持ち上げながら足裏を舐めるプレイはどこか退廃的でよりエロティックです。

(3)足裏フェチなら大歓喜の足コキ

舐めるだけでなく柔らかい足裏で直接包まれたい人には足コキを試してみてはいかがでしょうか。

やり方は足裏で男性器を挟むようにしてしごいてあげてください。

あまり強くしごいてしまうと痛いので、力加減が分かるまでは優しめで。

足を上手く動かせないときは、男性が女性の足裏を持って自分で動かして慣らしていきましょう。

しごくだけでなく、ギュッと圧迫するのも足裏の感触がよく分かるので良いですよ。

足コキを行うときは出来るだけローションを使うようにしてください。

滑りが良くなるので女性側も動かしやすいですし、男性も痛みを感じることが無くなります。

また、素足だけでなくタイツやストッキングを履いての足コキも違った感触が楽しめるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普段は見えたいところであるからこそ興奮してしまう足裏の魅力。

手や胸など他の部位ともまた違った独特な肌触りは、一度味わうと虜になってしまうかも。

もし興味がありましたら、思い切って足裏の世界に飛び込んでみませんか。