黒いマスク

マスクフェチの特徴と心理とは?フェチが好きなマスクの種類やマニアックな拘束系マスクを紹介

マスクフェチ」と聞いて、皆さんはどんなマスクをイメージするでしょうか?

風邪予防で使う一般的なプリーツマスク、昔ながらのガーゼマスク。

はたまたガスマスク、プロレスラーが被っている覆面などいろいろなデザインや用途、カラーがたくさんあります。

そんなマスクに強いこだわりと執着を持っているのが「マスクフェチ」!

ここでは、マスクをしてる人に惹かれる理由や、心理、マスクフェチに人気のマスクについて解説します!

「マスクフェチ」とは?

スカーフを巻く女性

マスクフェチ」とは顔に身に着けるマスク自体や、マスクをつけている人の姿が異常に好き、性的興奮の高まる人のこと。

マスクは日常で当たり前に見かけるもので、あまり意識する対象ではありませんよね。

しかし、もし好きな人が風邪予防や仕事でマスクをつけていたら、その姿をどう感じるでしょうか?

いつもと違う目元だけ見える様子に、ちょっとドキドキしたりセクシーな印象を抱いたりしますよね。

マスクフェチはマスクをつけることで強調される目元や、覆われた口元の雰囲気にこそ強い興味を持ちます。

「マスクフェチ」の特徴を解説!

マスクフェチの人はどんな特徴があるのでしょうか?

普段関わっている人の中にも、マスクフェチを持っている人がいるかもしれません。

マスクフェチが日頃やってしまいがちな行動や特徴をご紹介します。

素顔よりマスクをした人に惹かれる

マスクフェチは素顔の状態よりも、マスクをしている人に惹かれる傾向にあります。

顔が隠れている姿自体が好きで、素顔と様子の違う「非日常感」に興奮するのです。

特に男性はマスクをしている女性の何気ない姿が好き。

最近はマスクもののAVも二ッチな人気を集めています。

そんな本格的な拘束系のマスクが好きな人もいれば、普段使いしているプリーツマスクやガーゼマスクをしている人に惹かれる人もいます。

歯科衛生士などマスクを着用する職業が好き

マスクの女性と言えば誰を思い浮かべるでしょうか?

職業の中でもマスクが手放せないと言えば、医師やナース、そして歯科衛生士などが身近な人が多いかと思います。

このようなマスクをした姿で、真剣に働く姿は魅力的です。

さらに、マスク姿でしか対面したことがない相手なら素顔が見えないことで、強い興味が生まれるもの。

あえて顔が見えない相手にこそ、性的興奮と興味が強くなるのはマスクフェチの特徴です。

マスク美人をつい目で追ってしまう

最近「マスク美人」という言葉が、一般的に使われるようになりました。

顔の半分が隠れることによってミステリアスな雰囲気がありますよね。

また目元がかわいいと、隠れている部分もかわいいのではと想像力が働きます。

顔の下半分が見えないことによって、マスクを外したい欲求が生まれ、何もつけていない女性より秘密が残るマスク美人への関心が高まるのです。

ただし、マスクフェチは素顔よりもマスクをしたままの状態で、常にいて欲しいと考える人も。

そして仕事や体調に関係なく、毎日のようにマスクをつける人は自分の素顔にあまり自信がなく、顔を隠したい心理があります。

このシャイで奥ゆかしい精神的な部分も、マスクフェチが惹かれるポイントなのです。

マスクフェチの5つの心理

白い仮面の女性

ではマスクフェチの人にとって、マスクのどんな部分が魅力なのでしょうか?

  1. 目元が強調されるところが好き
  2. 素顔が完全に見えないことで想像力が働く
  3. 容姿に自信がなさそうな姿が好き
  4. マスク着用時と外したときのギャップに興奮する
  5. 表情がわからないミステリアスさに惹かれる

この上記の5つの心理を解説します!

目元が強調されるところが好き

マスクを着用していると、顔が見える部分は目元だけになります。

目元が強調される姿が愛らしく、好意を抱くマスクフェチの人がいます。

特に女性の大きな瞳、長いまつ毛という女性らしさのポイントが強調されるところもマスクの魅力です。

マスクフェチの人にとって、マスクをしている女性にこそ深い女性らしさ、かわいらしさを感じているのです。

素顔が完全に見えないことで想像力が働く

マスクフェチの人は、あえて素顔が見えない状態に興奮する嗜好があります。

人は「見えない」「わからない」部分があると、どうにか知りたくなるのが本能。

マスクをつけていることで秘密が残っている、知らない部分があることにミステリアスさを感じ、好意や性的興奮につながるのがマスクフェチの心理。

しかし、そのマスクの下を暴きたいマスクフェチもいれば、マスクそのままの姿だけに興味を持つ人もいます。

容姿に自信がなさそうな姿が好き

マスクを普段からよくつけている人は、マスクによって顔を隠していたい、人目が気になる心理があります。

風邪をひいている時だけでなく、日頃マスクをよく着用している人は恥ずかしがり屋か自分への自信があまりない状態。

そんな感情がマスクという形で見えるところに、マスクフェチは興奮します。

自信のない女性に対して、男性は守ってあげたい心理が働くのです。

どちらかと言えば大人しい女性が好きな男性は、マスクフェチを持っている傾向にあります。

マスク着用時と外したときのギャップに興奮する

マスクフェチは普段マスクをしていない人がマスクをつけてる様子や、マスク姿しか知らない人が素顔でいるギャップが好き。

素顔を知っている人でも、マスクは普段と顔の印象が違って見えますよね。

なんとなくいつもより大人しく見えたり、ガーゼマスクやプリーツマスクなどを風邪で着用している弱った姿にきゅんとくるのです。

また、たとえば職場や歯医者などで、マスクをした姿しか知らない人が偶然マスクなしの姿を見かけるのも、マスクフェチのツボに入るポイント。

これまで見られなかった相手の部分を知ることができた満足感と、そのギャップに興奮します。

表情がわからないミステリアスさに惹かれる

マスクをつけていると目元しかわからない状態になります。

そのため笑っても顔に出づらく、何を考えているのか表情も読み取りづらいです。

表情がよくわからないミステリアスな雰囲気に惹かれるのも、マスクフェチの心理。

あえて相手の気持ちが簡単にわからない、今どんな表情をしているのだろうと、想像を働かせて楽しむのです。

マスクフェチが好きなマスク【一般編】

シルエットの女性

マスクにはいろいろな種類があります。

風邪予防など一般的なものから、拘束用SMプレイ用などのフェチ向けまでさまざま。

ここでは、そんなマスクの中でも日常的に使用されている種類と、マスクフェチにとっての魅力をご紹介します!

一般的なガーゼマスク

風邪が流行りやすい冬場はもちろん、夏場でもすっぴん隠しに使っている人もいますよね。

ガーゼマスクは昔ながらの布素材なので、プリーツマスクとくらべるとあまり街中で見かけなくなりました。

しかし、ガーゼならではの質感や素朴な見た目が好きなフェチはまだまだいます。

ガーゼマスクはカラーの種類が豊富で、模様が入った布で手作りをしている人も。

そんなカラフルなガーゼマスクの見た目も、マスクフェチに人気の理由の1つです。

プリーツマスク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PA◯COアパレル店員 ぱるる(@pa_co_paruru)がシェアした投稿 – 2020年 2月月8日午前4時00分PST

もっとも日本で流通していて、年中街中で見かけるのがプリーツマスク。

薄手の不織布のマスクは、ウイルス予防はもちろんすっぴん隠しのためにつけている人がいます。

このプリーツマスク派の中でも、大きめのマスクをぶかぶかにした状態でつけている姿が好きな人もいれば、顔のラインに沿ってプリーツがピンと張ったマスクに興奮する場合も。

また、女性らしいピンクのプリーツマスク、小ぶりなサイズがたまらない人もいます。

黒マスク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ERI ((≡ຶ⚲ ≡ຶ)) 🇯🇵(@921eri)がシェアした投稿 – 2020年 2月月9日午前1時56分PST

近年ファッションとしても人気を集めている黒マスクも、フェチを感じるアイテムとして注目されています。

黒マスクならではのダークな雰囲気、おしゃれなファッションと合わせての印象がぐっとくる人がいるのです。

黒マスクは特にK-POPアイドルや10代20代こそ多く利用しているマスク。

もともと若い女性が好き、クール系ファッションが好きな人に注目されているタイプです。

立体マスク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

七瀬 さくら(Nanase Sakura)(@739ra)がシェアした投稿 – 2020年 1月月16日午前4時23分PST

立体マスクは鼻から顔のラインにぴったり沿って、ウイルスの侵入をこばむ機能性重視のデザインです。

ガーゼやプリーツと違った長方形と違って、輪郭に合わせた逆三角形の密着したデザインが特徴。

この近未来的なデザインとオシャレな雰囲気が、マスクフェチには魅力的に感じるポイントです。

マスクフェチが好きなマスク【マニアック編】

ガスマスク

マスクをしている姿を見ることで興奮するタイプと、自身がマスクをつけることで性的な気分が高まる人がいます。

そんなマニアックな拘束系や変装具系マスクを見ていきましょう。

ガスマスク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ranmaru pomupomu(@ranmaru_pomu_typea)がシェアした投稿 – 2020年 1月月25日午前6時17分PST

マスクフェチの中でも意外と多いのがガスマスクフェチ。

ガスマスクは顔全体を覆うデザインと、無骨で重そうな見た目を女性がつけているシチュエーションがフェチ心をそそるポイントの1つ。

またガスマスクをつけた状態でのこもった呼吸音、どことなく苦しそうな雰囲気と非日常感に性的興奮を抱くのです。

日常的なファッションにガスマスクをつけていたり、露出度の高い服装にマスクで顔を完全に覆っているアンバランスさに魅力を感じるのです。

レザーボンテージマスク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sh4dow(@sh4dow_of_csnv)がシェアした投稿 – 2019年 3月月8日午前5時09分PST

SMの女王様がつけているレザーボンテージマスクも、マスクフェチの間で人気のタイプ。

こちらは装着している姿が好きなのはもちろん、自身が身に着けて拘束感を味わうことで性的興奮を得たいマスクフェチもいます。

レザーの光沢と高級感ある質感、ぎゅっと締め付けられる特別な感覚に興奮するのです。

もともとMっ気のある人や、SMプレイに関心が高い人も、レザーボンテージマスク好きが多くいます。

シリコンマスク

最近ウイルス予防として、繰り返し使えるマスクが人気を集めています。

その中でもシリコンマスクは顔の形に沿ってフィットするデザイン。

シリコンに口元を覆われている密着感が、マスクフェチの心に刺さります。

また、マニアックですが女性が美容マスクを着用し、より成分を浸透させるためにその上からシリコンマスクをつける人がいます。

顔を覆われている姿と、すっぴんを覆っている普段とは違った姿のギャップにこそ興奮するのです。

仮面

目元部分を隠す洋風の仮面や、能面などを身に着けた女性が好きなマスクフェチもいます。

仮面で隠され表情がほとんどわからない姿は、怖くもあり興味をそそるのです。

表情がない無機質な印象が、顔を出している人間にはない雰囲気でマスクフェチが惹かれるポイントなのです。

全頭マスク(緊縛フード)

SMのM担当がプレイの一環として被る全頭マスク(緊縛フード)は、フェチアイテムとして人気。

マスクを被ることによって、表情が隠され個性と感情が隠される感覚によって、普段は出せない自分を解放できるのです。

また、女王様から奴隷のように扱われる自分に興奮する人や、反対にマスクをつけたパートナーをいじめることに性的に昂ります。

覆面マスク(プロレスラー)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

square(@square_nagoya)がシェアした投稿 – 2019年11月月26日午後2時53分PST

プロレスラーが身に着けている「覆面マスク」は、男女問わず人気があります。

レスラーがリングの中で活躍する姿は男性にとって憧れであり、女性から見ても魅力的!

覆面マスクをつけたミステリアスな様子はもちろん、鍛え上げられた筋肉美にも惹かれる人が少なくないのです。

まとめ

マスクは私たちの生活にとって欠かせないものであり、年中見かけるファッションアイテムになりました。

そんなマスク姿やマスク自体が好きで、コレクションをしたりセックスのプレイで装着したりする人がいます。

最近はマスクをしたままのプレイや、拘束系のマスクを着用したAVも販売され、フェチジャンルの1つとして確立しました。

この機会に、奥が深いマスクフェチの世界に触れてみてはいかがでしょうか。