半裸の女性

腋フェチが見る女性の腋の魅力とは?脇はもはや性器と言っても過言ではない!

腋(脇)フェチという性癖があることをご存じでしょうか?

女性の身体的な魅力と言えばおっぱいやお尻や足が王道ですが、実は腋も好きな人が多い部位なのです。

しかし腋フェチじゃない人からしたら、腋の何がいいの?と思ってしまうことでしょう。

今回はそんな知られざる腋の魅力に加えて腋フェチが好きな腋や腋を使ったプレイついてもご紹介していきたいと思います。

これを読み終わるころにはあなたも女性の腋の虜になっているかも…。

腋フェチってどんなフェチ?好まれる5つの理由

白いタンクトップの女性

腋フェチは「腋に性的魅力を感じる」、「腋が好きである」というフェティシズムのことです。

エッチの時に女性の腋をついつい触ってしまったり、タンクトップやノースリーブの服を着ている女性の腋に目が行ってしまう方は腋フェチの可能性があるかもしれませんね。

腋フェチの方が腋を好むのは主に以下の5つの理由が挙げられます。

理由1.普段あまり見ることのできない場所という特別感

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

armpitfetish8(@armpitfetish8)がシェアした投稿

腋は見ようと思っても、普段は衣服に隠されていて中々見ることのできない体の部位ですよね。

隠されているものを見ることができた時に達成感や特別感を感じることができて興奮するのです。

例えるとパンチラと同じようなものだと思っていただければ理解してもらいやすいでしょう。

スカートの隙間から奇跡的に覗いたパンツについ目を奪われてしまうように、Tシャツの袖の隙間やタンクトップを着ている女性が腕を上げた時に見える腋にドキドキした気持ちを感じてしまいます。

また、この特別感には「自分しか見ることの出来ない関係性」という優越感を感じる方もいることでしょう。

彼女の腋を見ることが出来るのは彼氏である自分だけ、という特別感が感じれるという要素も含まれています。

理由2.触るとフニフニと柔らかい感触が気持ちよい

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sato(@japanesegirl_sato)がシェアした投稿

お尻やおっぱいなど、柔らかくて触り心地の良い部位ってつい触りたくなりますよね。

意識して触らないと実感することはあまり出来ないのですが、腋もとても触り心地が良いところなのです。

気になった方は一度自分の腋を触って確かめてみましょう。

いかがでしょうか、なかなか良い触り心地だとは思いませんか?

男性の腋ですら柔らかいと感じるので、これが女性の腋であれば更に素晴らしい感触となります。

また、実際に触ってみた方は分かるとおり、腋はとても温度が高く暖かい場所です。

これは腋の下は表皮から浅い場所に太い動脈が通っているからで、体温を計るときに腋の下が利用されるのもこの為ですね。

柔らかな感触とヌクヌクとした温もりが感じられる場所、それが腋となっています。

この腋特有の独特な感覚が腋フェチを魅了して止まないのです。

理由3.女性が恥ずかしがる姿にキュンとくる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sunshine Mee(@sunshine_mee6)がシェアした投稿

女性が恥ずかしがる姿には男心がくすぐられるものがありますよね。

好きな子にはついイタズラしたくなるような気持ちと同じようなものです。

腋を見られて恥ずかしがる女性の姿に萌える…そんな理由から腋フェチになる方も珍しくありません。

この女性の恥ずかしがる姿が好きという方は、攻めたかったり征服欲があったりと少しSの気質があるかもしれませんね。

ちなみに性器などの直接的な部位を除くと、異性に見られて一番恥ずかしい場所に腋を挙げる女性はとても多いです。

女性からすると太ももや二の腕、胸元などよりも見られると恥ずかしいと感じる部位が腋なのです。

理由4.その子の匂いをダイレクトに感じられる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

時東 ぁみ TOKITOaMI(@amitokito)がシェアした投稿

腋から出る特有の不快な匂いのことを指す「ワキガ」という言葉があるように、腋はとても匂いが発生しやすくその人の匂いが詰まっている部位だと言えます。

そんな彼女の匂いを存分に楽しめる場所であることから腋が好きな方も多いでしょう。

腋の匂いを楽しむ方は匂いが好きな匂いフェチとも通じるものがあります。

匂いというものは恋愛において非常に大切なもので、匂いは言い換えれば異性を引き付けるフェロモンとなります。

良い匂いだと感じる相手は自分とは遺伝的に遠く相性が良いと言われています。

反対に遺伝的に近い人は嫌な匂いに感じてしまいます、思春期の女の子が「お父さんクサイ!」となるのはこれのせいです。

腋フェチや匂いフェチの方はより原始的な本能に敏感なのかもしれませんね。

理由5.汗が興奮度をより一層高めてくれる

女性が汗に濡れた姿は艶っぽくて色気がありますよね。

汗の匂いは嫌がられることも多いですが先述したとおり匂いにはフェロモン効果があり、その匂いを含んだ汗が多く分泌されるのが腋なのです。

人間には汗をかくための汗腺が2つあり、1つは全身にある「エクリン汗腺」でこちらは匂いが無く綺麗な汗を分泌します。

もう1つが「アポクリン汗腺」。

腋の下や乳首、性器の周りにあり少し白っぽくて匂いのある汗が分泌されます。

生殖器から発せられる汗の匂いが腋からもするので腋も性器と同じように興奮してしまい、汗もムラムラする要因となるのです。

このアポクリン汗腺から発せられる汗の匂いが嫌な匂いになる人も多いですが、その嫌な汗すらも魅力的としてしまう人もいます。

汚いもの、下品なものだからこそ興奮するという、一般的にはあまり理解されないフェチを体現していますね。

腋フェチが思わず触ってみたいと感じる腋は?

腋が見えるシチュエーションも大切ですが、腋フェチにとって最も重要なのはやはり腋そのものです。

いったいどんな腋が腋フェチには好まれるのか見ていきましょう。

一般的に好まれるのはきちんと毛の処理をしているツルツル腋

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワキフェチ専用(@armpitfetish7)がシェアした投稿

最も多くの人に好まれるのはやはり適切な処理をしていてツルツルとした綺麗な腋です。

綺麗な腋は見ていても美しいですし、男には無い女性らしさを感じさせてくれるでしょう。

見た目だけでなく触り心地も重要なポイント

綺麗にしてある腋は触ってもつっかかかる感覚の無い滑らかな触り心地なので、つい手を触れたくなってしまいます。

腋フェチの男性は日常の意外なところでも腋を見ているもので、例え直接触れていなくても目で見て密かに楽しんでいたりもします。

腋フェチの彼氏を持つ女性は冬場など肌を露出しない季節やエッチをしないデートの時でも、腋の処理をきちんとしておくと彼も喜ぶことでしょう。

黒ずんでいたり毛が生え始めてジョリジョリしているのはNG

綺麗に処理のしてある腋とは反対に、あまり清潔感の無い腋は腋フェチ男性をがっかりさせてしまいます。

腋毛の処理が甘くて剃り残しがあったり、黒ずんだりポツポツがあったりすると残念に思ってしまうでしょう。

触り心地にも注意が必要で、ザラザラしている腋の方は要注意!

ツルツルで柔らかな触り心地を期待して腋に触れたのに、ザラザラで硬い状態だと一気にテンションが落ちてしまいます。

また、腋の匂いを気にして制汗剤や香水を大量に使っている方も危ないかもしれません。

女性の腋の匂いが好きな方はがっかりしてしまいますし、汗と混ざって逆に悪臭になることもあるので注意しておきましょう。

腋毛が生えっぱなしでジャングル状態の腋はハッキリ言って言語道断です。

中には腋毛が生えている女性が好きな男性もいますが、腋フェチだけに関わらず世の男性のほとんどは女性には腋毛はきちんと処理してほしいと思っています。

腋フェチの中でも特に腋に強いこだわりがある人などは、彼女の腋の状態が気になって仕方がないもの。

最悪の場合、エッチの最中に彼が萎えてしまう要因になるので気を付けてくださいね。

腋のお手入れ方法も大切

青色のカミソリ

腋の処理を自分でするときはカミソリを使って剃るのが一般的ですが、下手に行ってしまうと腋が硬くてザラザラになったり黒ずんでしまうことも多いです。

ムダ毛剃り専用のローションを使って皮膚へのダメージを抑えたり、剃り終えた後もボディークリームなどでアフターケアをして腋を充分に労わりましょう。

また、剃る場合はカミソリよりも電気シェーバーの方がおすすめです。

電気シェーバーの方が肌に対するダメージが少なく傷めないので、可能ならば電気シェーバーを使用するといいでしょう。

除毛クリームを使う場合は肌に合っていないと腋の状態を悪化させてしまうことになりかねないので、使用する商品をよく選んで肌に違和感があったらすぐに別の方法に切り替えるようにしてください。

毛抜きを使って一本ずつ抜いていく方法もありますが、こちらは肌が炎症したり黒ずんでポツポツになるのが高確率で発生するので止めておいたほうが無難です。

自分での処理が難しかったりする場合は、予算や時間と相談しながら脱毛サロンやクリニックを利用してみるのも一つの手ですね。

しかし中には腋毛が生えている女性が好きという猛者も…

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワキフェチ専用(@armpitfetish7)がシェアした投稿

フェチは人の数だけあり、一口に腋フェチと言っても千差万別なもの…。

手入れのされてある綺麗な腋が好きだという腋フェチの方が大多数ですが、一方で少数ながら腋毛が生えている女性に興奮する男性もいます。

腋毛には腋から分泌されるフェロモンを拡散させる役割もあると考えられており、腋毛に強い性的魅力を感じることがあるようです。

陰毛がある程度濃い人の方が好きという人も少なくないので分からなくはない理屈ですね。

腋の状態にもそれぞれ好みがあるので、パートナーが腋フェチの方はどんな腋が好きなのか聞いてあげるのもいいかも知れませんね。

腋フェチが喜ぶ!エッチのシチュエーション3選

これからは腋フェチがより興奮するプレイをご紹介!

腋フェチの男性はエッチをするときに胸やお尻と同じぐらい、もしかしたらそれ以上に腋を重点的に攻めて愛撫しようとします。

女性からしてみれば腋ばかりを弄られて恥ずかしいかもしれませんが、それは彼があなたに夢中になっている証拠でもあるので可能ならば受け入れてあげてくださいね。

(1)彼女の匂いと味を楽しめる腋舐め

腋を触りたいという欲求が強い人にとってはエッチ中の愛撫は絶好のチャンス。

前戯の段階でキスや胸への流れから腋もあわせて愛撫していきます。

エッチの最中は汗をかくので、その汗をかいた腋を舐めるのも腋フェチが喜ぶシチュエーションの一つ。

腋を舐められるという行為は大抵の女性は恥ずかしいでしょうが、女性が恥ずかしがる姿は腋フェチ男性をより興奮させます。

恥ずかしそうに身もだえしたり、「そこは恥ずかしい…」などの照れていることを伝える言葉があると更に彼はテンションが上がることでしょう。

しかしあまりにも強い口調ではっきりと拒絶してしまうと、本気で嫌がって怒られたと受け取られて彼もしょんぼりしてしまうので気を付けてください。

あくまでも恥ずかしいけど満更でもなさそうな感じを大切にしてくださいね。

(2)前戯だけでなく挿入中にも

腋舐めをするのは何も前戯段階に限ったシチュエーションではありません。

腋は頭の下、胸のすぐ横にある部位なので、挿入中にキスをしたりおっぱいを揉んだりするのと同じように腋舐めをすることが可能です。

腋舐めをしたい場合は正常位騎乗位、そして測位がおすすめです。

男性が動きやすく最もオーソドックスな体位である正常位では、女性に覆いかぶさるようにして腋舐めをすることが出来ます。

女性が上になる騎乗位では正常位とは反対に女性に覆いかぶされる形となるので、腋の下側から愛撫しましょう。

騎乗位の時の腋舐めは腋を押し付けられるような体勢になるのでMっ気がある人には嬉しく、また普段とは違った光景で新鮮さがあります。

横向きになって女性の後ろから挿入する測位も腋舐めがとてもしやすい体位。

正常位や騎乗位にはない後ろからの腋舐めになるので、また少し違った感覚が楽しめます。

密着感もあり胸やクリトリスへの愛撫も同時に行いながら腋舐めがしやすいのが嬉しいポイント。

挿入と手による愛撫、そして腋舐めと忙しいですが、その分満足度も高くとても興奮できる体位であると言えるでしょう。

(3)腋コキで直接包まれる

腋を触ったり舐めるだけじゃ物足りない!

直接ペニスを包んで欲しい!という方は腋でしごいてもらう腋コキをお願いしてみましょう。

座っている女性の正面や後ろ側から腋でペニスを挟んでもらう体位がやりやすく、特に女性の後ろ側から挟んでもらうのが動きやすいです。

女性にギュッと腋をしめてもらい男性が挿入時のように腰を動かすやり方と、女性が腋を動かしてしごく2通りのパターンがあります。

前者は性器に挿れている時のような圧迫感と摩擦を感じることができて、後者は腋の柔らかさを存分に堪能することができます。

どちらも刺激による快感ももちろんありますが、腋を使ったプレイというシチュエーションで視覚的により興奮することでしょう。

注意したいのがそのまま強くしごいてしまうと痛むことがあるので、腋コキをするときはローションなどを使用して滑りを良くしておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

腋フェチはマイナーなフェチの中でも人気のあるフェチで、女性の腋が好きだという男性は少なくありません。

腋フェチだと自覚していなくても無意識のうちに腋に魅力を感じている方も多いです。

お尻や胸にも負けていない魅力が腋にはあるので、腋に興味がある方は是非新しい扉を開いてみてはどうしょうか。