血を流して倒れる女の子

エロゲームで心が締め付けられるような体験を…。重くてしんどい鬱ゲー5選!

エロゲームに「鬱ゲー」というジャンルをご存知でしょうか?

精神を削られるようなシナリオがあるゲームで、その強烈なストーリー展開はトラウマレベルのものも少なくありません…。

今回はそんな「鬱ゲー」と呼ばれる作品の中で、初心者の方にも比較的遊びやすい作品を5つご紹介!

グロ表現で鬱になる…というよりはシナリオや設定で胸を締め付けてくるような作品をピックアップしていきます。

評価が高い鬱ゲーは古い作品が多いため、ソフトを手に入れることが難しいかと思います。

ダウンロード版があるものを中心にご紹介するので、気になった作品があったら是非遊んでみてくださいね!

また、エロ要素よりもシナリオ、特に鬱展開となる部分を重点的にネタバレもありで解説するので、ネタバレが嫌な人はその部分は飛ばして読んでください。

(1)ネコっかわいがり! ~クレインイヌネコ病院診療中~

 
ネコミミの女の子3人

(出典元:13cm)

価格 8,800円
対応OS(ダウンロード版) windowsVista/7/8/10
公式サイト リンクはこちらから
ダウンロード版販売サイト(DMM GAMES. R18) リンクはこちらから

まず最初にご紹介するのは「ネコっかわいがり! ~クレインイヌネコ病院診療中~

タイトルやイラストからは全く鬱ゲーと感じさせず、むしろ萌え要素が強く感じられる作品です。

ケモミミ少女たちのキャッチーで明るい絵柄で鬱ゲーに手を出してみたい方にも入りやすいでしょう。

シナリオ自体も鬱要素はありますが、泣ける感動ものとしての側面も大きいので初心者の方の鬱ゲー入門にピッタリです。

ケモミミたちがのいる世界、発情した彼女たちには治療が必要で…

日向ぼっこする女の子たち

(出典元:13cm)

本作の世界はイヌミミやネコミミが当たり前のように存在する世界。

舞台は小さな診療所で主人公はそこで助手として働く記憶喪失のイヌミミ男性。

ケモミミの子たちは発情期になってしまうので、主人公がエッチで鎮めてあげるといういかにもエロゲームといった設定です。

ケモミミ少女たちとの治療を建前にしたイチャラブエッチが展開されるので、純愛好きにはプレイしやすい一作。

甘々な雰囲気で続いていくほのぼの系日常作品なので、癒し要素も高くほっこりできるでしょう。

萌えを前面に押し出した可愛いらしいキャラクターたち

バックで突かれるネコミミ少女

(出典元:13cm)

ヒロインたちは「萌え」の王道なロリ系のネコミミ女の子たちばかり。

昔の作品なのでややキャラクターデザインはやや古臭く感じてしまうかもしれません。

しかしそれはそれで味がありますし、ツボを押さえたキャラクター設定なので遊べばきっと好きになるはず。

エッチシーンはイチャイチャシチュエーションばかりで、良質な出来栄え。

女の子たちの可愛さを楽しみながら抜きゲーとしても活用することが可能です。

心を抉られる、トゥルーエンドで明かされる真実

【閲覧注意】これより重大なネタバレが含まれます!

男性に抱き着く少女

(出典元:13cm)

本作が鬱ゲーと言われる理由はトゥルーエンドにあります。

実はケモミミはウィルスによるもので、しかもそのウィルスに感染すると100%死んでしまうというもの。

これまでネコミミヒロインたちとエッチしていたのはワクチン開発の研究のためだったのです。

致死率100%ということでヒロインたちも死んでしまい、主人公もワクチン完成のために犠牲となる救いようのなさ。

暖かいほのぼのシナリオが前半に展開されるので、真実を知った時のショックが余計に大きくなってしまいます…。

(2)キラ☆キラ

4人の女の子のアニメイラスト

(出典元:OVERDRIVE)

価格 9,240円
対応OS(ダウンロード版) windows7/8/10
公式サイト リンクはこちらから
ダウンロード版販売サイト(DMM GAMES. R18) リンクはこちらから

続いてご紹介するのは「キラ☆キラ」!

こちらもまたド直球な明るいタイトルを見事に裏切ってくれる作品。

無限の可能性を抱く若者たちの「青春」や「夢」に対してのシナリオは、誰しもが共感できるものがあると思います。

バンドという夢を追い、青春を駆け抜ける若者たち

マイクとギターを持った女の子

(出典元:OVERDRIVE)

「キラ☆キラ」の主人公は受験勉強にも部活にもあまり取り組まず、アルバイトに精を出す学生。

そんな彼がアルバイト先でヒロインの「椎野きらり」と出会うことで物語は動き出していく。

ふとしたことからヒロインたちとパンクバンドを組む主人公。

味気ない毎日が急に色づいていき、そして夢に向かって走り出していく若者たちが描かれます。

若さを武器に全力でぶつかるストーリーは、まるで青春ドラマを見ているようで、かけがえのないあの青春を思い起こしてくれるでしょう。

共にバンド活動を行う魅力的な3人のヒロイン

4人の女の子

(出典元:OVERDRIVE)

本作のヒロインは3人おり、どの子も魅力に溢れています。

ショートヘアーの「椎野きらり」は天真爛漫なとにかく明るい子でバンドの元気印。

「樫原紗理奈」はおっとりしており、病弱ですが芯はしっかりしているお嬢様。

みんなのまとめ役をしている「石動千絵」は、一つ年上の幼馴染属性という個性あふれる面々です。

ちなみに真ん中のロングヘアーの子は女装した主人公なのでお間違いなく!

楽しい夢から引き戻す、優しくない現実の厳しさ

【閲覧注意】これより重大なネタバレが含まれます!

ライブハウスでのバンド活動

(出典元:OVERDRIVE)

キラキラした夢に向かっていく主人公たち、そんな若者の未来は理不尽な社会や家庭環境によっていとも容易く閉ざされてしまいます。

どのヒロインもかなり複雑な家庭環境を抱えておりシリアスで重い展開に。

特にメインである椎野きらりルートはかなり厳しく、一番明るく頑張っていたきらりが理不尽に死んでしまうルートもあり、やるせなさが凄まじいです。

家庭に振り回され自分の力ではどうすることもできない…そんなリアリティのある不条理さが重くのしかかってくることでしょう。

(3)穢翼のユースティア

羽が舞う中にいる女の子たち

(出典元:オーガスト)

価格 7,800円+税
対応OS(ダウンロード版) windows7/8.1/10
公式サイト リンクはこちらから
ダウンロード版販売サイト(DMM GAMES. R18) リンクはこちらから

エロゲームメーカーの中ではかなり大手の「オーガスト」が手掛ける本作。

オーガストは可愛らしさや萌えを突き詰めるのが得意なメーカーですが、その中でも異色の作品です。

ダークファンタジーということでそもそもの設定がかなり重くしんどいですが、エンディングでは涙が止まらなくなる屈指の「泣きゲー」でもあります。

なんでも屋の主人公が一人の少女を救ったところから物語は始まる

抱きかかえられる血だらけの少女

(出典元:オーガスト)

かなり設定が練り込まれており、重厚な世界観が特徴の本作。

崩壊してしまった世界で唯一残った浮遊都市。

その都市の最下層で生きるために何でも屋をしていた主人公は、羽が生える伝染病にかかった少女を拾うことに。

最初は打算的な考えから保護した主人公でしたが、徐々に暖かな関係を築いていきます。

ストーリーを読み進めていくと世界設定や羽が生える病の謎などが紐解かれていき、どんどん物語に引き込まれていきます。

女の子らしい柔らかさが伝わる可愛らしいキャラクター

上半身が下着姿の女の子

(出典元:オーガスト)

イラストCGのクオリティが非常に高く、女の子たちは見ていてとても可愛らしいです。

安定した綺麗さなので、ひっかかることなくシナリオにも集中することが出来るでしょう。

エッチシーンも女の子特有の柔らかさや手触りが伝わってくるようで実用度も高くなっています。

また、女性キャラクターだけでなく主人公を含めた男性キャラクターも良い味を出しているので要注目。

薄暗い世界観と重みを背負った登場人物たち

【閲覧注意】これより重大なネタバレが含まれます!

血を流して倒れる女の子

(出典元:オーガスト)

元から暗い設定なので、急展開でショックを受けるということはありません。

むしろ全編がほぼシリアスで、攻略中は不条理と理不尽でこれでもかと重い雰囲気が終始まとわりついてきます。

各ヒロインルートは最後にはハッピーエンドとなりますが、メインヒロインだけは結果的に主人公と死別してしまいます。

設定や展開自体は鬱要素が盛り盛りなのですが、最後は感動して泣ける作品なので、プレイ後は他の鬱ゲーとは違い爽やかさや気持ちよさが残るでしょう。

(4)WHITE ALBUM2

5人の女の子

(出典元:リーフ)

価格 6,800円+税
対応OS(ダウンロード版) windows7/8.1/10
公式サイト リンクはこちらから
ダウンロード版販売サイト(DMM GAMES. R18) リンクはこちらから

「うたわれるもの」や「ToHeart」で人気を博している「Leaf/AQUAPLUS」が手掛ける本作「WHITE ALBUM2」。

タイトルに2とありますが前作からの関係はほとんど無いので、本作からでも問題なく楽しむことが可能です。

「浮気」をテーマにした思わず目を背けたくなる昼ドラも真っ青のドロドロな三角関係を、どうか最後まで見届けてみてください。

近くにいるのに手が届かない、切ない恋のストーリー

驚いた様子の女の子

(出典元:リーフ)

主人公は「北原春希」という学生。

「冬馬かずさ」という悪友のような存在がおり、お互いに無意識のうちに好意を寄せていました。

ひょんなことから学校のアイドルである「小木曽雪菜」と3人でバンドを組み仲良くなるのですが、主人公と「小木曽雪菜」が付き合うことに。

2人が付き合ったことで「冬馬かずさ」も自分が主人公を好きなことに気が付きますが、仲の良い関係を壊したくないので友達に徹します。

好きだけど、好きとは言えない。

しかし思いはつのる一方で、やがて気持ちは抑えられなくなっていき…。

学園のアイドルとほっておけない天才不良娘

裸で添い寝する女の子

(出典元:リーフ)

サブヒロインもいますが、物語は主人公と「冬馬かずさ」と「小木曽雪菜」の3人を中心に進んでいきます。

「冬馬かずさ」は天才ピアニストですが一匹狼なところがあり、構ってくれる主人公に自分でも気づかないうちに引かれています。

もう一人のヒロインとなる「小木曽雪菜」は人当たりの良さと可愛らしさから学園のアイドル的な存在。

どちらのヒロインも本当に良い子で友人としてお互いを大切に思っているのですが、同じ人を好きになってしまったために恋のライバルとなってしまうのです。

誰もが優しいからこそ胃が痛む、三角関係のドロドロ感

【閲覧注意】これより重大なネタバレが含まれます!

目を瞑る黒髪の子

(出典元:リーフ)

「WHITE ALBUM2」にはヒロインが死んだり世界が滅んだりなんてことはありません。

ただお互い仲の良いもの同士で三角関係なってしまったという要素だけなのに、凄まじい攻撃力で胸をえぐってくる。

相手を思いやっているからこそ自分の気持ちを押し殺す、でも好きな気持ちに嘘は付けない…そんな恋と友情の狭間で揺れ動く泥沼の連続を巧みな心理描写で表現していきます。

人を好きになるという誰もが経験することなので感情移入しやすく、感情移入するので余計胃が痛くなって吐き気をもよおすという実に素晴らしい鬱ゲームです。

(5)ゆきうた

価格 8,800円
対応OS windows98/Me/2000/XP
公式サイト リンクはこちらから

最後にご紹介するのは鬱ゲーのレジェンドにも挙げられる「ゆきうた」です。

古いゲームなので入手することは難しいですが、鬱ゲーにハマった人ならば是非遊んでおきたい一作。

人にもよりますがハッピーと思えるエンドが無く、事前情報なしで遊ぶと確実に心がやられてしまうかと思います。

願いが叶う伝説の木の昔話があるどこかの街のお話

ストーリーの設定は至って普通の学園ものといった感じです。

主人公が住んでいる街には「願いを叶えてくれる不思議な木」があるという昔話がありました。

季節外れの12月に転校生がやってくることで物語は動き出します。

それぞれに事情や悩みを抱えるヒロインたちと交流しながら、主人公は学校生活を送るのでした…。

個性と魅力が溢れる可愛らしいキャラクター

ヒロインたちはかなり個性的で、特に妹ちゃんはエロゲーム史上に残るインパクトを誇っています。

家がお金持ちな噂の転校生「藤見雪那」

主人公の妹でお兄ちゃん大好きっ子、エロゲーでも屈指のギャグキャラ「長谷川菜乃」

強気な盲目少女「今井由紀」

複雑な家庭環境を抱えるツンデレ気味の「青嶋摩尋」

過去に恋人を亡くした新任教師の「蓮田弘美」

決してハッピーにはならないビターエンドの数々

【閲覧注意】これより重大なネタバレが含まれます!

明るい雰囲気で進む本作ですが、鬱ゲーとされる理由は各ルートのエンディング。

それぞれ2種類用意されているのですが、片方はバッドでもう片方もほとんどハッピーとはいえずグッドとも言い切れないビターエンドとなっています。

ここで重要になってくるのが「願いを叶えてくれる木の伝説」で、その木は願いを叶える変わりに祈った人に代償を支払わせるのです。

盲目の少女「今井由紀」の場合であれば、目が治ってハッピーエンド!と思いきや、代わりに主人公が失明するといった具合に手放しで喜べません。

もちろんバッドエンドだったら目は治らないという、何とも救いようがない展開なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

わざわざ暗い気分になる鬱ゲーなんて…と思うかもしれません。

しかし絶望的な展開や救いようのない結末…、ただハッピーエンドにならないお話もそれはそれで面白いものです。

考え方が変わったり感性が豊かになって成長できるのも鬱ゲーの魅力なので、興味があったら是非遊んでみてくださいね。